SERVICE

消費者に応えるブランド/サービスデザイン

各種マーケティングリサーチ

答えを出すべき課題に合わせて、様々な調査分析手法を組み合わせ、最適な調査企画をご提示し、答えを導きます。自前のパネルは保有せず、課題と目的にに合わせて最も相応しい提携パネルを利用しますので、数多い選択肢の中から柔軟な対応が可能です。

マーケティング・リサーチイメージ

調査手法

定量調査(ネット/郵送でのアンケート調査・CLT調査など)

あらかじめ用意された質問について多数の人に回答してもらい、それを集計・分析する手法。特にインターネット調査では、低コスト・短時間に多数のサンプルを回収することが出来ます。

結果は数値や量で示されるので、客観的な現状の把握や仮説の検証など、量的データでの「検証型」の分析アプローチが主になります。

フォーカスグループインタビュー(FGI)

特定のテーマに関して、対象条件に当てはまる少数の集団(フォーカス・グループ)に対して、司会者の進行に沿って行う座談会形式の調査方法です。

共通項のある複数の人たちが一つのテーマについて話し合うことで、様々な意見が発展・昇華して新たな視点・発見・着想を得ることが可能です。

パーソナル・デプスインタビュー

心理学の「深層面接法」に基づく調査手法で、インタビュアーと調査対象者が一対一の面接形式で実施します。名称の通り1人の調査対象者に対して時間をかけ、対象者の発言内容を掘り下げていくことで、発言や行動の背後にある深層心理や本質的な価値観まで明らかにすることが可能になります。

エスノグラフィー(行動観察)

もとは「民族誌」を現す言葉です。文化人類学や社会学の分野で用いられる手法で、長期間にわたり生活現場に密着した形で参与観察を行い、集団や社会の行動様式を明らかにします。

対象者に直接聞くのではなく、対象者の行動を観察することで対象者本人も意識していない潜在的な要素を抽出することが出来ます。

ユーザビリティテスト

ある製品を評価するために実際にユーザーにその製品、またはプロトタイプを試してもらう手法。「ユーザーたちが実際にどのようにシステムを扱うか」という直接的な知見が得られます。

基本は行動の観察ですが、行動の背景にある理由、気持ち/気分などの定性情報収集と併用されることが多いです。

データマイニング

もとは「鉱山での採鉱」を現す言葉。膨大なデータベースからビジネスに有益なパターンやルールを発見する手法。課題に応じて必要な知見・発見や法則性を見つけるために行われることなどから、使う手法は様々です。課題に合わせて最適な分析手法をご提案の上で実施します。

分析手法

因子分析

特定事象に関する多数の定量データから、その事象に強い影響を与えている共通の因子をとり出そうとする多変量解析法のひとつです。

例えば消費者がある商品の購入する時、判断材料として所得や価格・素材・デザイン・広告・店員の接客態度など多数の変数が複雑に絡み合っています。因子分析では、それら多数の変数の中から、その裏に存在している直接観察できない重要な因子を抽出することができます。

クラスター分析

多変量解析の手法のひとつで、マーケティング施策を検討・実施する際に非常に一般的に利用される分析です。

調査対象のサンプル母集団を、取得した定量調査の回答データの類似性に基づいて複数の集団に分けて(クラスタリング)解析します。

弊社では価値観やライフスタイルの違いをもとにしたクラスターを作成して、ターゲット選定に活用する他、解析結果に基づいた各種マーケティング企画の策定にも重要な指標として活用しています。

コレスポンデンス分析

多変量解析の手法のひとつで、データ要素同士の関係性を視覚的に表現する手法です。

定量調査データにおいて、その表頭と表側の項目同士の関係性(近さ/遠さ)を、散布図の形でプロットして分析を行います。

例えば様々なブランドとそのブランドから想されるイメージワードを調査した場合、1つのマップ上に分析対象のブランドとイメージワードが全て配置され、そのポジションの近さ/遠さで特定ブランドのイメージやブランド感の類似性を検証することが可能です。

コンジョイント分析

多変量解析手法のひとつで、商品やサービスの中身を、価値を構成する要素(価格・機能/性能等)に分解して、各要素が商品の満足度にどの程度強く寄与しているのかを数量的に把握する手法です。特に付加価値の有無が価格の許容値にどの程度影響を与えるか...など、その商品/サービスの仕様検討など難しい意思決定時の判断材料として活用します。

また各要素の変更についてシミュレーション可能で、例えば「性能をこのぐらいあげると、どのぐらい受容度が向上するのか、といった検証が可能です。

弊社は『プライバシーマーク制度』と『ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度』を取得しています。

  • ISMSマーク
  • ISMSマーク
  • プライバシーマーク
pagetop